保険見直しのポイント!

保険を見直すと言われても、「どこをどう見直せばよいのかわからない」という方が多いと思います。
そこで、このページでは保険見直しのポイントをお話していきます。
現在の保険を見直すべきか、そのままで大丈夫なのか、この機会に確認してみて下さい。


保険に加入しておくべき部分がもれてしまっていると、せっかく保険に加入しているのにいざ事故が起きたときに保険金を受け取れない場合があります。
特に保険にモレがあるというのは大変なことです。万一の際は必要な補償を受けられますが、万一の際に補償が受けられないというのは致命的ですので、十分な注意が必要です。


複数の保険に加入している際に、同じ部分の補償を重複して加入してしまっている場合があります。これは保険料の無駄になるため、経費を削減できる部分です。


「退職した従業員に保険をかけたまま」など、必要のない部分に保険をかけたりしていませんか?
また、バラバラの保険会社で保険に加入している場合、特約などで補償が重複していたり、公的保険でカバーされているのに任意保険に加入している等重複して保険に加入してしまい、無駄な保険料を支払っていることがあります。これらの保険を統合(一本化)する事で、事務の簡素化や保険料を削減できる場合があります。


確実に見直すために

業種や業務内容によって、必要な部分(保険を加入すべきところ)、不要な部分(保険をかける必要のないところ)があります。
業務内容や保険に加入しておくべきリスクはそれぞれの業種によって違うため、保険の見直しをする際は業務内容を保険のプロに伝え、どのような保険が必要かを相談するのが一番です。現在加入中の保険で十分な補償が受けられるようになっているか、ダブりや無駄がないかを確認してもらうと、いざというときに保険金がもらえなかったり、無駄な保険料を払い続けてしまうということも防げるでしょう。




HOMEへ戻る

お取扱い保険会社一覧
簡単スピード一括見積り